美しき舞台・衣装の世界

中国舞台・衣装の世界と田仲の生活雑記

【動画】『シルクロードの花吹雪(絲路花雨)』】2017年日本公開なるか!?最新舞台と衣装メイキング動画公開!

f:id:takuro1:20170122193825j:plain

 

👇【動画】舞台袖からの貴重な映像です。


01最新版・シルクロードの花吹雪(絲路花雨)甘粛省歌舞劇院

 

 

 【👇動画 PRスライドムービー】

 【👇動画 衣装制作チームよるメイキング】

【👇動画 現地のニュース報道です。】

 

 

 

【動画】2017年オススメ舞台3つ

 

今年の春節旧正月は1月28日です。中国ではこの日が新年快楽!ですね。

今年、日本公演を期待する3作品です。あなたはどれが一番観たいでしょうか❓

👇紹介雑誌『中国舞台・衣装の世界』

f:id:takuro1:20170108140800j:image

 

👇⑴シルクロードの花吹雪

f:id:takuro1:20170108142140j:image

【動画】

 

👇⑵くるみ割り人形 中国版

f:id:takuro1:20170113203412j:plain

 【動画】

 

👇⑶邯鄲記 (かんたんき)

f:id:takuro1:20170108142219j:image

【動画】

 

 

 

 

名前に感謝。

今日もまた良い縁に恵まれた。新しい出会いは年齢とともに減っていく。その度に肝に銘じることがある。

 

親からもらった名だが、今更ながら、何とも有り難い名前だと思う。仏道に目覚めた者なら誰もが求める"悟り"を生涯忘れるなよと親が私に命名したのだと思う。これを知った時から私はほとんどの不安や不満が消えてこの世の出来事をあるがままに受け入れ、人との縁に感謝し、小さなことでも自分がすべきことがある幸せを噛み締め、精進を忘れない、そんな風に生きるようになった。

 

たかが一人の人間されど人との出会いで生まれる可能性は未知である。だからこそ、肝に銘じるは知足と感謝。

 

ほろ酔いついでに記してみた。

f:id:takuro1:20170126235719j:image

限定品❓金箔入りのスパークリングワイン。

陳薪伊(陈薪伊)監督を囲む会

陈导,欢迎来到日本!ようこそ日本へ。

f:id:takuro1:20170126203735j:image

中国新劇(話劇)界の大御所、陳薪伊監督。

 

f:id:takuro1:20170126203747j:image

 日本の若者らに囲まれてご満悦⁉︎@東京新宿

 

シンクロ衣装@北京オリンピック

先日、デザイナー風間鋭一こと李鋭一氏と電話でオリンピックの話をしていてシンクロナイズド・スイミング(中国語では花样游泳)の話題になり、彼が中国ナショナルチームの衣装も担当したというので忘備録として以下に書き留めて置く。

 2008年に躍進を遂げた北京オリンピックシンクロナイズドスイミング中国チーム。

日本の井村コーチの功績はさることながら風間鋭一(李鋭丁)氏のデザイン衣装も選手たちの気持ちを高揚させ、メダル獲得に貢献したに違いない。日本は初めてこの団体戦でメダルを逃し、中国が第3位と躍進を見せた大会でした。

f:id:takuro1:20170117000719j:image

f:id:takuro1:20170116201837j:plain

👆中華の華という字と大輪の牡丹が大胆にデザインされた衣装でさっそうと登場する選手たち。笑顔で送り出す井村コーチの姿も。牡丹は中国の国花でもありますが女性の美しさの象徴でもあります。

f:id:takuro1:20170116201851j:plain

f:id:takuro1:20170116201905j:plain

f:id:takuro1:20170123154007j:plain

👆双子のデュエット文文と婷婷。当たり前ですが完璧なまでに鏡写しのように揃ったボディ。デュエットではなんとか日本は中国を振り切り銅メダルでした。

↓中国の国花『牡丹』の絵画。作は湯祖堃氏。

f:id:takuro1:20170123154018j:plain

◆裏話◆

我が家にある牡丹の絵は風間氏の計らいで湯祖堃先生からいただいたものです。実はチーム衣装制作でデザイナーの風間氏が牡丹と言えばこの人しかいないと、この湯祖堃先生に依頼したのだそうです。『華』の文字は風間氏自身が書いたものですが、本人によると、本来は書(しょ)は得意ではなかったので躊躇していたが開会式衣装で共に働いたデザイナーの故・石岡瑛子さんから迷うことはない、書としてではなくアート作品としてイメージするままに書くようにアドバイスをもらったそうです。そこで李氏は一気に描き上げることができたそうです。いわゆる”書く”ではなく”描く”を実践したのです。”華”の字の最後の縦線が鋭く剣のように伸びているのは闘いの意志の強さを表現したものだそうです。